スタッフのつぶやき

大晦日だよルーズさん [2015/12/31]

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

リゾートに出かけてる方、お家でゆっくりお過ごしの方、いやいやこれからが本番!!って言う方。

 

それぞれあると思いますが、今年も残り4時間を切りました。

 

皆さんにとっては2015年はどんな1年でしてたか?

 

2016年が皆さんにとって幸せな1年になる事を願っています。

 

今年も一年ありがとうございました!!

 

良いお年を☆彡

 

カットスタジオルーズ一同

 

 

美肌の敵は水にあり~最終章~ [2015/12/22]

こんにちは、ホソです。

ついに来てしまいました最終章。

 

もう飽きたという方!!もう少しお付き合いください(笑)

 

私達が普段接している水道水は塩素まみれだってお話は前回までのブログでご理解いただけたかと思います。

 

じゃあどのように塩素まみれなのか。

 

 

塩素を表す単位はppmと呼ばれています。0.1ppmでありとあらゆる菌を殺菌できるという事がわかっているのです。

 

世界的に水道設備がしっかりしている国は約15カ国。もちろん日本も含まれています。世界の平均的塩素濃度は0.1ppm以下。日本は0.1ppm以上となっています。

 

何が違うの?と一瞬思いますが、これ、以下か以上かがものすごく大きいんです、日本は塩素の濃度に対して上限を設けてないのです。

ってことは1.0だろうが1.5だろうが、塩素が入っていればその時点でOKなんです。菌を殺菌する。これに一番の重要視をしている。

使用する人たちの事は考えてません。これはネットに乗っていた水の処理施設で働いていた人の言葉ですが、水道水を浄水器を通さずに使用するという事は毒を飲むのと同じくらい危険な事だ。との事。実質、その方たちは目の前でそれを入れている所を見ているわけですら、そうも思いますよね。

ちなみに言ってしまえば、プールの塩素濃度は0.4ppm~1.2ppmが望ましいとされ、これも法律で定められているとの事。

 

困りますね。東京などの大都市は1.0~1.5ppm位あるとの事。要するにプールよりもきつい塩素水を我々は飲まされていると。

 

塩素は体の表面だけでなく内側も破壊します。だから塩素をカットしないといけない!!

 

水は摂取しなかったら人間は生きていけません。ですが、塩素は摂取の必要のない物。台所にも浄水器は必要ですし、何よりシャワーでも何でもお風呂に入る時は浄水のお風呂に入るのが一番体に良いという事です。

 

塩素をカットするという事は美容と健康、その両方に通じます。

正しい知識を身につけて、水と上手にお付き合いしていきましょう☆

美肌の敵は水にあり [2015/12/15]

みなさんおはようございます☆彡ホソでっす☆彡

 

さてさて今日は本題塩素の話。

 

しょっぱなから行きますよ~。

 

塩素はタンパク質と結合します。

 

タンパク質と結合した塩素は、次亜塩素酸という物質になりタンパク質を破壊します。

 

タンパク質の破壊と同時に細胞や細菌を破壊されます。そうなると肌の栄養であるビタミンや保湿成分のセラミドが流出。肌の乾燥につながります。

肌のバリア機能なんてなんのその。それすらも破壊され機能は低下。肌は外部からの刺激にとても弱くなってしまいます。

 

そうなる事でアレルギー反応がでたり、アトピー性皮膚炎の原因となったりでとても大変です。

 

アトピーは皮膚表面のたんぱく質と細菌のバランスが崩れる事で引き起こされると言われてます。塩素はその両方を破壊してしまうのです。

 

ここ数年水の安全の話はよく出ていて、浄水シャワーなど、よく見かけるようになりました。

 

では次回は最終章です。浄水についての小噺をお送りします。

 

ではみなさんご機嫌ようです☆彡

 

12月キャンペーン中* [2015/12/12]

image

 

こんにちは~♪♪

 

12月も、もう2週目の週末に入りますね!

はやい。

 

2015年ももう、終わってしまいますよ~

仕事しだしてから1年がめちゃくちゃ早い!

 

おちおち1日を過ごしてたらダメですね(笑)

24時間ってゆう1日を大事に過ごしていきます!

 

 

 

そーいえば!ルーズでは31日までキャンペーンを

行っていましてですね~、、、

 

 

来店された方にガラガラを1回やってもらってます!

赤玉1等目指してみなさん!参加してください!!

 

 

ご来店お待ちしておりま~す☆彡.。

 

 

さとみでした。

美肌の敵は水にあり [2015/12/08]

みなさんおはようございます☆彡

 

ホソは今日も元気です☆彡

 

さて先週の続きで今日はアクネ菌の話。

 

アクネ菌ってニキビの原因になっていますよね?

でも皮膚を健康に保つためには大切な菌なんです。

 

じゃあなんで悪者っぽく言われるの?思春期ニキビの原因だからです。

 

アクネ菌は皮脂が大好物。体から出る皮脂を食べて生活しています。だから人間の体の中で一番油が出る場所の毛穴に住み着くのです。

そしてそして、食べるってことは当然生き物ですから排せつもします。

はいこれがニキビの原因。毛穴の中でアクネ菌が皮脂を食べて排泄して、この排せつした物質が毛穴で大暴れ。皮膚に赤いプツプツを出してしまうのです。

でも通常ならこれくらいではニキビは出ません。全てはバランスなのです。

 

思春期は体の成長が著しく、ホルモンのバランスも変化してきます。

成長のひとつとして男女ともに男性ホルモンが増加します。男性ホルモンが増えると皮脂の分泌量も当然のごとく増えます。

食べ物がいっぱいあるとアクネ菌も成長し、そして増えていきます。増えた事によって大量のアクネ菌が食事と排せつを繰り返す。

 

それがニキビなんです。

 

長くなってしまいました(笑)

 

では次回は話を戻しまして、塩素身体に及ぼす影響のお話をさせていただきます☆彡

 

それではまた次のブログで☆彡ごきげんよう☆彡